こうしたら英語勉強のやる気が継続するよっていう方法を5つ紹介してみるよ

モチベーション溢れた女性

英語学習のモチベーションが出ない、やる気が続かない、面倒臭くなってきたなという気持ちは英語を学習していればどうしても出てきてしまいますよね。

問題集を買ってみたけど3日で辞めちゃったとか、NHKの英語講座を始めてみたけど一月持たなかったとか私も経験ありまくりなのでわかります。

今回この記事では、どうやって英語学習のモチベーション・やる気を維持していけばいいのかについて書きまとめました。

かれこれ私も大学の頃から個人的に英語を勉強しているので、すでに年月的には10年を超えるんじゃないかと思います。

その中で得られたノウハウを一つでもあなたとシェアできれば幸いです。

英語勉強のやる気・モチベーションを維持するために今日からできること

楽し気な笑顔の女性

1. 英語を使ってできる趣味を持つ

英語のやる気を維持する方法として、私の一番のオススメはこれ「英語を使ってできる趣味を持つ」です。

なぜかと言うと趣味であればそこにはモチベーション、やる気といった概念が必要ないからです。

趣味=楽しい=英語も使えるという方程式が成り立ってしまえばあとは趣味を行なっていれば英語力が勝手に上がっていきます。

でもそんな趣味ってあるの?って疑問もあるかもしれませんが、それには「あります」と回答します。

例えば海外ドラマを見ることであったり、洋楽を聴いたりとか、ゲームを言語設定英語をやるとか、海外旅行を趣味にするとかであったりと挙げていけば色々と出てきます。

なので、今し方挙げたような趣味で自分にあったものを見つけられれば英語の勉強的な概念がなくなって楽しんでるうちに英語が身につくような状況が作れます。

関連記事:ストレスも発散できて英語力もアップしちゃう試してみたい趣味5選

2. 勉強仲間をつくる

英語学習のやる気やモチベーションが維持できないという人は勉強仲間をつくるというのもその維持方法としてかなりオススメできます。

英会話学校などの語学学校に通うのでもいいですし、ツイッターなどを使ってオンラインで勉強仲間をつくるのもいいでしょう。

実際私もツイッターで英語を勉強している方々をフォローするようになってから英語の勉強に対してまたモチベーションがめっちゃ上がってきました。

ツイッター上だと英語の勉強をしている人の勉強状況報告だったり、その悩みツイートだったり、様々頑張っている様子が見て取れるんですよね。

そういうツイートを見ていると自分も頑張ろうかなっていう気持ちが自然と湧いてきたりします。

また、そういった日々勉強されている方々とリプライなどでコミュニケーションを取ることができると尚のこと英語の勉強が楽しくなってくると思います。

一つ気をつけなければいけない点があるとすればツイッターにハマりすぎて英語の勉強を疎かにしてしまわないようにしようということですかね。

3. 仕事で使わざるえない状況をつくってしまう

仕事で英語を使える機会があるという人は仕事で使わなければいけない状況をつくり出すというのも英語のモチベーションを上げる一つの手です。

若干後ろ向きな感じもしますが、やらざるを得ない状況をつくるのは自分を追い込みたい際には効果があると思います。

実際私も前職では英語を使える人が少なかったために、職場での少ない英語関連業務に関しては自分から手を挙げておこなうようにしていました。

そうしているとモチベーション、やる気云々の話ではなく仕事としてやる訳ですからしっかりやらねばと英語を使うことができるんですね。

もしあなたが社会人で働いていて職場で英語を使うチャンスがあるのならば自分から手を挙げて英語関連の業務に挑戦するのも一つの手と考えます。

4. 目標を設定する

非常にありきたりではありますが、英語の学習モチベーション・やる気を維持するための方法として目標を設定するというのはやはり効果があります。

その目標はどんなタイプのものであっても良いですが、できればその成果が目に見える形になった方が良いとは思います。

例えばTOEICなどのテストの点数を目標にするのは英語のモチベーションを保つには良い方法ですね。

目標点数に向かって勉強してその点数が達成できれば達成感も得られますし。

ただその際高すぎる目標を設定すると逆に挫折、英語学習のモチベーションを下げる理由にもなるので目標設定は低め位にしておくのが良いでしょう。

5. 学習記録をつける

英語の学習を続ける上でその記録をつけるというのもモチベーション維持に有効な方法です。

毎日の英語を勉強した時間を記録するのでもいいし、勉強した単語を記録して行くのでもいい。

とにかく何かしらやった痕跡を残していくことが大事です。

英語の勉強というのはその日やったから英語力がどれだけ伸びたというのが短期間では中々結果として出てき辛いです。

努力の成果が目に見えないために、英語学習を辞めてしまおうかという気持ちが起きやすいというのも事実でしょう。

ですが、そういう場面でも何かしらの記録をとっていればその数値は増えていきますから自分の頑張りが数値として見えて、学習のモチベーションアップに繋がります。

私自身も学生時代に一度自分の英語勉強時間を記録していた時期がありましたがあれは確かに効果があったなと今でも思います。

勉強の成果云々は分からないけど、勉強時間はぐんぐん増えていく。

エクセルを利用してそれらをグラフ化したりしてそのグラフが右肩上がりで増えていく様子を眺めるのは非常に楽しかったのを覚えています。

なので、もしあなたもまだ学習記録をつけていないというのであれば、この機会に是非一度つけてみるようにしてみてください。

今の時代であればスマホにそういった学習記録用のアプリがあったりしますし、紙のノートに記録をとるというのでも構いません。

しっかりとしたものである必要もないので自分のやりやすいようにお好みでアレンジして英語学習記録をつくってみてください。

まとめ

今回紹介した英語学習のやる気・モチベーションを維持する方法をまとめると次のような感じになります。

  • 英語を使ってできる趣味を持つ
  • 勉強仲間をつくる
  • 仕事で使わざるえない状況をつくる
  • 目標を設定する
  • 記録をつける

これらの方法のいづれかでも構わないので先ずは自分にでもできそうなところから先ずは挑戦してみてください。

英語ほど継続は力なりな勉強も他にはありませんから是非あなたも自分なりの継続方法を見つけて英語力をアップさせていってください。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です