【英語力UP】日々の生活の中で英語を使う機会を増やす5つの方法【毎日触れる】

笑顔の外国人女性

日々の生活の中で英語を使用する機会を増やしていくためにできるちょっとした工夫についてこの記事ではまとめています。

どれもこれも今日からすぐ実践できるものばかりなので、英語を勉強する時間が取れない、もっと勉強時間を増やしたいと考えている場合には是非挑戦してみてくださいね。

英語を使う機会を増やす5つの方法

言語設定英語のスマートフォン

1. スマホの言語設定を英語にする

スマホの言語設定を英語にしてしまうというのも日々の英語に触れる時間を増やすための戦略としては非常に有効です。

1日にスマホを見る時間て人によって勿論まちまちだとは思いますが、一週間や月間となると誰しも結構な時間を眺めていると思います。

そのスマホの言語設定を英語にしてしまえば自然と毎日英語に触れられるという訳ですね。

私もかれこれ8年近くiPhoneの言語設定を英語にしてやっていますが、その効果は地味ながらも自身の英語力に影響を与えてくれてると感じています。

また、英語力とは関係ないですが、スマホの言語設定が英語だとその見た目がスマート(カッコよく)に見えてくるっていうのもオススメの理由です。

言語設定「英語」でスマホ使えてる自分かっこいいなっていう感じで自分に酔ってみるのもいいと思います。

2. ちょっとしたメモを英語で書いてみる

日常生活の中でちょっとしたメモを書く瞬間って結構あるじゃないですか。

買い物に行く時の買い物リストとか、仕事でメモをとる時とか、そういうタイミングでとるメモを英語で書いてみる。

そうすることで日々の中で英単語やフレーズを自分の中からアウトプットする機会が複数回生まれます。

一回一回のアウトプット量は少ないですが、それも月・年単位で続けていくことができれば大きなアウトプット量の差になります。

実際にメモを英語で書くときの注意ポイントとしては完璧主義に陥らないということだと思います。

日本語と英語が混ざってもOK、スペルミスをしてもOK、文法崩れていてもOK、てな感じでざっくり今の自分にできるレベルでメモを書いていくことが続けていく秘訣です。

また、メモを書く際に単語を調べる余力があれば、わからない単語を調べつつやると語彙力もアップしていくので負担にならない範囲で挑戦してみてください。

3. 手帳や日記を英語で書く

英語でメモを書く女性

メモを英語で書くのレベルアップ版ですね。

もしあなたが手帳や日記を利用されているのであればそれを英語で書いてみましょう。

毎日英語で手帳や日記をつけることができれば間違いなくあなたのライティング能力や語彙力、文法力は向上していきます。

ここでも一つ気をつけて頂きたいのが完璧主義に陥らないということです。

繰り返しになってしまいますが、英語で手帳や日記をつける際にも語彙や文法を気にし過ぎず、日本語も混ざってOKとすることが大事です。

英語で手帳や日記を書くことに慣れてきた段階でやっと語彙や文法は気にしても良いかなと考える位で、これから初めてみようという人は本当に自分に対するハードルを下げた段階から挑戦することをオススメします。

私も実際昔、英語で日記をつけようとした時はライティングに慣れていないのもあって速攻挫折した記憶があります。

その後ゆるいルールで手帳を英語でつけるというのに挑戦したらそれは続いたので、やはり気合を入れ過ぎないのが大事だなと思う訳です。

4. ニュースを英語で聞く、読む

日々日常の中でニュースを英語で聞く、読むというのも英語に触れる機会を増やす手段としてはとても有効です。

普段から英語に触れていない人がいきなり取り組むにはハードルが高いのも事実ですが、英語学習をある程度続けてきている人には是非挑戦して欲しいアクションの一つです。

ニュースであれば毎日その情報は更新されますから英語教材としてみても飽きづらくなるという側面もありますし、自然と毎日目を通すことになり習慣化されやすいというメリットもあります。

また完全にそれらで情報収拾ができるように慣れば日々のニュースは日本語で追う必要もなくなるなど他のメリットも出てきます。

私も実際NHK WORLDやBBCといったニュースを利用したりしていますが間違いなくこれは英語力アップに繋がっていると言えます。

英語のニュースはTOEIC対策になるという側面もあるので、TOEICを受験されている方、これから予定されている方は是非日々の生活に取り込んでみてください。

関連記事:

5. ツイッターやラインを英語で発信してみる

日々英語を発信する機会を増やすにはツイッターやラインを英語で発信するというのもいいトレーニングになります。

ツイッターで日常を英語で呟くのでもいいし、ラインでの返信を英語でするなんていうのもオススメです。

私も実際に妻に対して「保育園に着いた」というのを「Arrive @ nursery」なんていきなり送りつけたりしてます。

なので、ラインの返信も親しい間柄の人には積極的に英語で送るのもアリだと思います。

ツイッターに関しては英語での発信力を高めたいという理由で英語を使って発信されている方も沢山います。

そういった方をフォローしたり、自分も呟くことで確実にあなたの英語での発信力は高まっていくはずです。

まとめ

本記事の内容をまとめると、日々の生活の中で英語と触れる・英語を使用する機会を増やす方法として下記のような方法があります。

  • スマホの言語設定を英語にする
  • ちょっとしたメモを英語で書いてみる
  • 手帳や日記を英語で書く
  • ニュースを英語で聞く、読む
  • ツイッターやラインを英語で発信してみる

これらの中で一つでもいいので是非これからのあなたの生活の中に取り入れてみてください。

確かにそれぞれの時間は一日あたり大きな時間とはならないかもしれませんが、長い目で見れば間違いなくあなたの英語力を底上げしてくれます。

英語力を上げる一番の近道は毎日続けることです、一歩一歩今日も前進していきましょう。

関連記事:【本気で忙しい社会人向け】英語の勉強時間を捻出するための9つの方法

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です