日本人が英語を話せないその理由【どうすれば話せるようになるのか】

今回この記事では、日本人が英語を話せない(苦手としている)理由について、個人的に考えたことをいくつか書いていきたいと思います。

中高と6年間英語を勉強して、大学から独学で英語を勉強してきて、社会人になって働きながらも英語を学習してきた自分の経験を通して考えたことをまとめたいと思います。

この記事がこれから英語を学習する人、英語を話せるようになりたい人のお役に少しでも立てれば幸いです。

私が考える、「英語を話せるにはどうしたらいいか・何をすべきか」的な話もあわせてしていきたいと思います。

1. 中高で英会話に割かれる時間が少なすぎる

まず、日本人が英語を話すのが苦手な根本原因として、「日本の英語教育の読解偏重」があると思います。

日本ではこれまで中学高校、人によっては大学も英語を勉強してきた訳ですがそのほとんどの時間が読解や単語・文法の習得に費やされてきたのではないでしょうか。

各種期末試験、高校や大学受験、に際して皆さん英語を勉強されたと思いますが、その時に英会話の練習をした人がどれ位いたでしょうか。

全くと言っていい程、英会話の練習なんてしてこなかったというのが大半の人に当てはまる事実だと思います。

学生時代に英語学習に費やした時間が、リーディング7、リスニング2.5、スピーキング0.5だったら、それは喋れるようになれる訳がないんですよね。

残念ながらリーディングやリスニングだけやっていても英語はしゃべれるようにならないんです。

関連記事:TOEIC高得点だけど喋れない人におすすめの英会話習得方法【これで話せるようになる】

これに関しては日本の英語教育システムも悪いんですよね。

「リーディング偏重にしておいた方が評価しやすい」という評価・採点する側の実利が優先されて、肝心の英語を学ぶ人のスキルバランスが蔑ろにされているんです。

少し考えてみると、リーディング問題とスピーキング問題どちらが採点しやすいかというのは明白なんですよね。

文法問題を紙で配ってマルバツつける方が、一人一人の生徒と面と向かって会話評価するよりも簡単で時間もかからない。

(英会話力を簡易に測定する方法も、もちろん考えればあるとは思いますが)

しかも、文法や長文の問題で生徒を評価するシステムは昔の日本から受け継がれてきたシステムがあるから、新規ノウハウを考える必要もない。

つまり楽ができる。

なので、ある種教育者側の怠慢によって、日本人の英会話苦手が量産されてきたとも言える訳です。

ここまで、日本の英語教育について教育システムを批判もしてきましたが、リーディング偏重なおかげ(?)で日本人の英語読解力は高いレベルにあると思います。

社会人になってからイギリスに語学留学に行く機会があったのですが、そこで感じたのは日本人のリーディングやリスニング力は特に他国の英語学習者に劣らないということでした。

スピーキングは他国の英語学習者よりも流暢じゃないにしても、他の部分は学生時代に培った知識があるから十分に渡り合えると感じました。

そのあたりのことは下記に書いていますので、興味ある方は読んでみてください。

関連記事:イギリス語学学校に1ヶ月短期語学留学していた時の体験談【学校編】

2. 働き始めてから英語を使う場面が仕事上ない

仕事をする上で英語を使う必要のあるという人も勿論いるとは思いますが、大半の日本人の人が英語を使う必要がないというのが実態ではないでしょうか。

私が田舎に現在すんでいるのもありますが、日常的に英語がないと不便という場面にここ何年も出会っていません。

前職の時は、海外向け業務を請け負ってたこともあり、英語を使わざる得ないシーンも多々ありましたが、それでもやはり一部の業務のみでした。

また、前職ではそこそこの規模の会社に勤めていましたが、英語を使う必要がある人はその会社の中でも1〜5%位の割合だったと思います。

とまぁ、私自身の話は置いておいて、やはり日本は何だかんだ言ってもまだまだ内需が強い国なので、英語が話せなくても仕事につけるということです。

これが一つの英語を学ばない大きな理由でもあると考えられるのですが。

国にも寄りますが、やはり自国内の経済を自国民だけで回せない、自分の国が貧しいから他の国に働きに行かなきゃとなれば、嫌が応にも外国語を学ぶ必要が出てきます。

そして、そういう国に住んでいる人は大抵英語を学習しますし、英語実運用スキルが高くなります。

外国語(英語)ができないと仕事がない(ご飯が食べれない)となれば人間本気でやるものです。

そして、英語は仕事をするつもりで本気で取り組めば、程度の差こそあれ、誰でも話せるようになる類のものです。

つまり、今の日本人が英語を話せないのは、「英語に対して本気になる理由がない」というのが大きな理由でしょう。

英語ができなきゃ仕事がクビになる、給料が大幅カットとなれば皆やる気を出すはず。

なので、今後もし日本経済が順調に傾いていって、国内で仕事をしているだけでは立ち退かないという状態が強まっていけば、自然と英語を勉強する人が増え、英会話ができるという人も増えてくるはずです。

関連記事:社会人で英語ができることの仕事上のメリット5つについて実体験交えながら話したい

3. では具体的にどうすれば英語が話せるようになるのか

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

ここまで、「日本人が何故英語を話せないのか」について話してきましたが、ではどうすれば英語を話せるようになるのか。

まず、英語が話せるようになるには、英語を話す練習をする必要があります。

単純に、これまで読解や文法問題を解くのにあててきた時間を英会話トレーニングに置き換えてやって、そこに時間をつぎ込めば間違いなく喋れるようになります。

具体的なトレーニングに関しては、下記の記事に書いていますが、「瞬間英作文トレーニング」や「オンライン英会話」を利用するのが有効です。

関連記事:TOEIC高得点だけど喋れない人におすすめの英会話習得方法【これで話せるようになる】

これまである程度英語の勉強(リーディング・リスニング)をしてきた人が「瞬間英作文」や「オンライン英会話」といったものに時間を使うようになれば確実に少しづつでも英語が話せるようになります。

瞬間英作文のテキストは2,000円程度で購入することができますし、オンライン英会話も昨今、6,000(円/月)程度で毎日レッスンを受けられますので、是非有効活用してみてください。

関連記事:オンライン英会話初心者にネイティブキャンプがおすすめな理由7つ【体験談込み】

まとめ

本記事で紹介した、一般的な日本人が英語を話せない理由と、どうしたら話せるようになるかをまとめると下記のようになります。

  • 英語の勉強はするけど、学生時代にスピーキングを殆どしないからしゃべれない
  • 仕事で英語を使う日本人の割合が低い
  • 英語を話せるようになるために「瞬間英作文」や「オンライン英会話」に取り組む

「日本人は英語を学生時代に何年も勉強しているのにしゃべれない」と自虐的に言われることもありますが、それはただ単にスピーキングの練習をしていないからに他なりません。

なので、今後日本の教育がスピーキングも重視してくれることを望みますし、それぞれの人が個人的にその事実に気づいて、必要に応じで英会話に取り組んでくれたらなと思います。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です