解答速度が上がるおすすめのマークシート用シャーペン。実際にマークして速さ比較してみた。

マーク速度比較用シャープペン

今回は下記の3つの筆記用具を用いてその筆記速度(マークシート塗りつぶし速度)を比較してみました。

  1. 普通の鉛筆
  2. ぺんてる マークシート用シャープ1.3mm
  3. ステッドラー シャーペン 製図用 2.0mm

果たしてこの三つのどれが最速でマークシートを塗りつぶせるのか。その実験結果について報告いたします。

結論から知りたいという方は下記の目次が記事内リンクとなっていますので、そこの「結論」という項目をクリックしてください。

最速でマークできるおすすめシャープペンはどれだ!?

1. マーク速度の比較方法について説明

マーク速度確認用マークシート

TOEIC(リーディング)用のマークシート(上記)を利用して、100問連続で塗りつぶすという方法を用いて各3種類のペンの筆記スピードを比較しました。

2. 普通の鉛筆

鉛筆HB

まずは普通の鉛筆HB。100問連続マークにかかった時間は3分40秒でした。

若干削りたてだったのもあって、マークするのに時間が結構かかりました。

ペン先を使い込んでつぶしておければもう少し時間短縮ができる可能性もあります。

3. ぺんてる マークシート用シャープ 1.3mm

ぺんてる マークシート用シャープ 1.3mm

一般的なHB鉛筆のお次は「ぺんてる マークシート用シャープ1.3mm

マークシート用に考えられたシャープペンで、通常の0.5mmシャープペンに対して2.6倍もの太さのシャープ芯を使うことで塗りつぶし範囲を広げて塗りつぶし速度を上げることを狙っています。

0.5mmシャープペンとマークシート用シャープ1.3mmのペン先比較画像を下記に示します。

ペン先1.3mmと0.5mm比較
1.3mmと0.5mmのペン先比較

このマークシートシャープ1.3mmで100問連続マークにかかった時間は3分03秒でした。

最初に測った鉛筆3分40秒に対してマーク時間が約40秒も短くなっています。

英語の試験TOEICで40秒もあればPart5の問題が2問(1問20秒)も解ける計算になりますからこの時間短縮効果は見逃せません。

3. ステッドラー シャープペン 製図用 2.0mm

ステッドラー シャープペン 製図用 2.0mm

次は「ステッドラー シャーペン 製図用 2.0mm

製図用のシャープペンでペン先2.0mmと通常のシャープペンシルの0.5mmの4倍という驚異の太さ。

下記画像を確認頂いてもわかると思うのですが、そのペン先太さは圧巻です。

ペン先太さ比較
下から2番目がステッドラー2.0mm

このステッドラー2.0mmで100問連続マークにかかった時間は3分15秒でした。

1.3mmシャープペンの3分03秒よりも12秒遅い結果となりました。

この原因として考えられるのが、2.0mmの芯先の平らな部分で塗り続けるのが難しいということです。

塗りつぶしするときに2.0mmの芯先角部で塗ってしまい、うまく一度でマークできず、細かく塗るという事態が結構頻発しました。

そのため、2.0mmという太さをうまく使い切ることができませんでした。

結論


マークシートを早く塗るために最適なシャープペンの結論としては、

ぺんてる マークシート用シャープ1.3mm」を使用するという結論になりました。

マークシート用シャープ1.3mmを使用することで通常のHB鉛筆と比較して100個マークした際に約40秒の時間を短縮することができます。

英語の試験TOEICやセンター試験などの各種試験で少しでも時間を短縮したいという方は是非このシャープペンシルを利用してください。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です