忙しい社会人におすすめの短期語学留学先3カ国【1週間もOK】

忙しくて数ヶ月単位での留学なんてできない、それでも留学をして英語漬けの環境に浸りたい、他国の文化や慣習を学びたい、異国の雰囲気を味わいたい。

そんなあなたに、本記事では短期間(1週間から)でも可能な、短期語学留学ができるおすすめの国を3つ紹介します。

それぞれの国についておすすめポイントを複数紹介していますので、是非参考にしてみてくださいね。

忙しい社会人向け、おすすめの短期語学留学先3カ国

1. フィリピン

短期の語学留学先としておすすめの国一つ目は「フィリピン」です。

フィリピンが短期留学先としておすすめな理由は主に3つあります。

  1. フライト時間がだいたい4時間台と日本からの距離が非常に近い
  2. 公用語が英語で現地の人の9割が英語を使用する
  3. 欧米留学と比べて費用が半額以下となることも

それぞれについて、以下で詳しく説明していきますね。

1-1. 日本とフィリピンは近い(移動が楽、時差も1時間)


まず、フィリピンは日本と同じアジア圏の国なので、移動の手間がかからないというメリットがあります。

そのため、欧米などの国に行く場合と比べて、英語の学習に貴重な自分の時間を使うことができます。

また、時差もフィリピンと日本では一時間と少なく、留学先で時差ボケで眠いなんていう事態に陥ることがありません。

1-2. 公用語が英語

フィリピンはアジアの国ですが、その公用語が英語のため、現地ではほぼ英語圏の国のような英語環境が整っています。

なので、語学学校の外でも買い物や、レジャーなどの際に使う言語は英語になりますから、アジア圏でも英語漬けの環境を味わうことができるんですね。

1-3. 欧米と比較して、留学費用が半額以下となることも

money

フィリピンを留学先とするメリットとして、その費用が欧米と比較して抑えられるという点が挙げられます。

まずはじめに、フィリピンは日本と比較しても物価が低いため留学中の生活費を抑えることができます。

また、欧米よりも日本に近いということもあって、飛行機代も欧米と比べて半額以下で済ませることが可能です。

そして、語学学校にかかる費用も欧米と比較して安いため、トータルで非常に安く語学留学ができるということになるんです。

なので、語学留学にかかる費用をなるべく安く済ませたいなんていう人にもフィリピン留学はおすすめです。

2. オーストラリア

短期語学留学先の国としておすすめな国2つめは「オーストラリア」です。

オーストラリアが短期の語学留学先としておすすめな理由は主に3つあります。

  1. 英語ネイティブの国の中でもトップクラスのアクセスのしやすさ
  2. ネイティブの英語に触れることができる
  3. 日本人留学生が多い

それぞれについて、以下で詳しく説明していきますね。

2-1. 英語ネイティブの国の中でもトップクラスのアクセスのしやすさ


オーストラリアは英語ネイティブの国の中でも、日本からだとトップクラスのアクセスのしやすさがあります。

オーストラリアも留学先の都市によって、そのフライト時間が変わってきますが、ケアンズなどの日本寄りの都市を選べば7時間程度のフライトで着くことができます。

また、時差も1時間程度と小さいために、語学留学中にジェットラグで眠くなるなんていうことが起きません。

2-2. ネイティブの英語に触れることができる

オーストラリアが短期の語学留学におすすめな理由として、ネイティブの英語に触れることができるという点が挙げられます。

オーストラリアは純英語ネイティブの国ですから、街に出て英語を話せばリアルなネイティブイングリッシュに触れることができます。

そのため、教科書英語では出てこないような表現や、ブロークンな英語に触れることでリスニング力や、多彩な英語表現(フレーズや単語)が身につくことが期待できます。

2-3. 日本人の留学生が多い

日本人留学生が多いというのも、語学留学がはじめてなんていう人にオーストラリアがオススメの理由です。

留学時にしゃべるのは英語オンリーの方が英語力が伸びるのも確かですが、たまには日本語で会話したいという気持ちが出てくるのも留学中の本音だと思います。

そんな時でもオーストラリアであれば、自分以外に留学している日本人も多いので、そういった人達と交流を持ち、留学中の不安感やストレスを発散することができるはずです。

3. ハワイ(アメリカ)

観光リゾート地としてのイメージの強いハワイですが、そのハワイでも語学留学をすることが可能なんです。

ハワイが短期の語学留学先としておすすめな理由は主に3つあります。

  1. 日本語対応のお店や病院などの施設がある
  2. 日本人が多い
  3. ネイティブの英語に触れることができる

それぞれについて、以下で詳しく説明していきますね。

3-1. 日本語対応のお店や病院などの施設がある

ハワイは昔から、日本人が観光などをメインに長いこと多くの人が訪れている国のため、日本語対応可のお店や、病院などの施設が存在しています。

数が決して多い訳ではありませんが、日本語対応してくれる病院がハワイ内に存在していてくれると思うだけでも、いざという時の心配事が少なくて済みます。

また、ハワイには日本食屋も複数あるので、ラーメンだったり、和食が食べたくなったなんていう時にも困る場面が少なくて済むでしょう。

3-2. ハワイには日本人が多い

ハワイには日本人が多いというのも、語学留学が初めてで不安という人にオススメな理由の一つです。

観光などをメインに日本人が多く訪れているので、何かあった時に他の日本人の人に頼るなんていうこともできます。

ハワイとは直接関係ないですが、私が昔アメリカNYを一人旅行した時も、現地で出会った日本人に道案内など様々助けてもらいました。

このように、日本以外の場所で日本人が周りにいるというのは、思いの外心理的な安心材料になるものです。

3-3. ネイティブの英語に触れられる

他の国と比べて比較的日本人が多いハワイではありますが、それでも基本的にはネイティブスピーカーの方が圧倒的に多いので、アメリカンなネイティブイングリッシュに触れる機会が多くあります。

日本の中学、高校で習う英語の殆どはアメリカ英語なので、イギリスやオーストラリアの英語訛りよりハワイの英語訛りの方が日本人には聞き取りやすいことが多いはずです。

なので、自分のリスニング力が不安だな、なんていう人にもハワイは他の留学先の国よりおすすめなんですね。

まとめ

本記事で紹介した、忙しい社会人におすすめの短期語学留学先の国をまとめると以下の通りとなります。

  1. フィリピン
  2. オーストラリア
  3. ハワイ(アメリカ)

是非、これらの国の中から自分にぴったりあった短期の語学留学先をみつけてみてくださいね。

自分でどこの留学先にしたらいいか決めるのが難しい、なんていう人は留学エージェントサービスを利用するのもひとつの手です。

留学エージェントとは?という方は下記の記事を参考にしてみてください。

関連記事:留学エージェントとは?そのメリットと使うべき人、必要な人。

留学エージェントでは、あなたの語学留学に関する様々な不安に対して、しっかりと回答してくれますから、利用することできっとあなたの留学に対する不安も解消されるはずです。

是非、気軽に利用してみてください。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です