【体験者が語る】短期語学留学のメリットとデメリット

一週間や1ヶ月といった短期の語学留学をしようかな、と考えた時に気になるのが「短期語学留学のメリットとデメリット」

短期語学留学にはどんなメリットやデメリットがあるのか、イギリスに1ヶ月間の語学留学をしたこともある筆者、SATOが解説していきたいと思います。

これから、短期の語学留学をするかしないか考えている方は是非、本記事の内容を参考にしてみてください。

短期語学留学のデメリット

英会話力の大きな向上は難しい

短期語学留学のデメリットを挙げるとすれば、英会話力の大きな向上は難しいということが挙げられます。

一週間から二、三ヶ月といった短期間の間に急に英語がペラペラになるというのはやはり難しいです。

とは言え、ペラペラになれないにしても、英語を話すことに対しての抵抗感をなくすことはできますし、外国人と話すということに対する精神的ハードルをなくすこともできます。

また、英会話力の短期向上は難しくても、TOEIC対策のために留学するのであれば、その点数を100点や200点伸ばすことも不可能ではありません。

この辺りの考えについては、下記の記事にも詳しくまとめているので是非参考にしてみてください。

関連記事:1週間・1ヶ月の短期語学留学は意味(効果)があるのか。経験者はこう考える。

短期語学留学のメリット3つ

1. 英語漬けの生活ができる(短期とは言え)

短期語学留学をするメリットとして、英語漬けの生活を送れるということが挙げられます。

短期間の間であれ、英語漬けの生活ができるというのは、普段日本で生活しているよりも刺激的で楽しいものです。

見るもの聞くもの皆英語、自分も英語を話す努力をしなければならない。

そこでぶつかる自分の英語力の低さ。

そこから生まれる新たな英語学習に対するモチベーション。

これだけでも十分に短期語学留学をする価値があるというものです。

私も実際にイギリスに1ヶ月間語学留学をしていた経験がありますが、あの経験は他ではできない貴重な体験でした。

詳しくは、下記の記事などに書いていますので、もし興味がある方は是非読んでみてください。

関連記事:【体験談】イギリスに短期語学留学して良かった点とその反省点をありのままに話したい

2. 社会人でも短期の語学留学なら参加できる

短期語学留学の大きなメリットとして、忙しい社会人でも参加ができるということが挙げられます。

日々働いている社会人の場合、正直1ヶ月以上の期間、語学の勉強のためだけに海外にいくというのは難しいですが、これが一週間だったらどうでしょうか。

GWや夏休み、三連休に有給を組み合わせたりすれば、一週間ならなんとか捻出できるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

語学留学も国によっては一週間程度の期間から可能な国がいくつかあります。

なので、仕事が忙しくて長期の留学が難しいという方はまず、超短期の語学留学から始めてみましょう。

おすすめの留学先については下記の記事にまとめていますので、そちらを是非ご参考にしてみてください。

関連記事:忙しい社会人におすすめの短期語学留学先3カ国【1週間もOK】

3. 費用が長期留学に比べて安い

money

短期語学留学のメリットとして、長期の語学留学に比べてその費用が安く済むという点が挙げられます。

半年以上の長期語学留学となるとその費用も100万円単位で必要となってきますが、短期語学留学であればその費用を十分の一以下に抑えることも可能です。

さらに、フィリピンなどの格安留学が可能な国を選べば語学留学にかかる費用はより安くなります。

時期がよければ、飛行機代や授業料、宿泊費等様々な費用を含めても10万円しないなんていうことも可能です。

10万円以下と考えれば、国内旅行と比較しても大差ないなんていう場合もあるはずです。

なので、語学留学をしたいけどお財布も気になるという人は、フィリピン語学留学も是非検討してみてください。

まとめ

本記事で紹介した、短期語学留学のメリットとデメリットをまとめると以下のようになります。

  • 英会話力の劇的向上は見込めないが、英会話力をあげるための基礎はできる
  • 短期間といえど、英語漬けの生活を送れる
  • 仕事に忙しい社会人でも参加できる
  • 長期の語学留学に比べてその費用が安く済む

これらのメリットのある短期語学留学ですから、是非一度時間をつくってでも実践してみてください。

きっと英語力だけでなく、仕事や私生活でも活かせる学びや、人間的成長を実感できるはずですよ。

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です