TOEIC目標点数は何点に設定すべきか。【就活や出世に利用する人向け】

TOEICを就活や転職、出世のために受験しようと考えている。でも何点をとったらいいんだ?

そんな疑問を持ったあなたに、本記事ではTOEIC何点をとるべきか参考情報をアドバイスしたいと思います。

実際に私が大手企業勤めしていた時の経験も踏まえて書いていますので、情報の信憑性はある程度担保できていると考えます。

是非、本記事の内容をベースに自分の目標TOEIC点数をあらためて設定してみてください。

就職・転職・昇進にTOEICを使う人の目標点数設定

【600点】履歴書にスコアを書きたい人、大手企業を受ける就活生

履歴書にスコアを書きたいという人や、国内の大企業といわれるような企業を受ける就活生は、まず600点を目指しましょう。

外資系の企業でもない限り、600点あれば英語ができない人というレッテルが貼られることはありません。

最低限の英語力は備えているんだなと企業に思ってもらうことができます。

また、仮に現時点で600点に点数が届いていないとしても、TOEICの点数を伸ばす努力をしているのであれば、その点数を履歴書に書くことは「あり」と思います。

TOEICの点数を伸ばす努力をしていること、何点を目指し、その英語力でどんな仕事をするのか。

そんな具体的なことを書いたり、面接で伝えることができれば現時点のTOEIC点数が低くてもマイナス評価になる可能性は低くなるでしょう。

TOEIC600点の具体的なとりかたについては下記の記事にまとめていますので、是非参考にしてみてください。

関連記事:短期間でTOEIC600点を取りたい人がとるべき勉強戦略

【730点】国内企業で就活・転職・出世を有利に進めたい人

国内企業を相手に就活・転職をする人や、出世を有利に進めたいという人は「730点」を目標にしましょう。

730点あれば、国内企業(非海外部門)で重宝されたり、出世を有利に進めることができます。

実際にこの記事を書いている私も、700点を超えていたことで就活が有利になりましたし、前職の時も海外業務を経験させてもらったりと、出世にも有利と感じる部分が多くありました。

なので、こらから就活や転職、出世のためにTOEIC受験を考えている人は是非700点オーバー、730点程度を目標としてみてください。

関連記事:社会人で英語ができることの仕事上のメリット5つについて実体験交えながら話したい

【800点超】海外部門、外資系で働きたい人

英語でのミーティング

海外部門で働きたい、外資系で働きたいという人はTOEIC800点を一つの目標にしましょう。

800点を超えるスコアを取っていれば海外部門や外資系で働く、「語学力的な基礎力」があると書類上考えてもらえます。

とは言え、海外部門や外資系で働く場合には、TOEICの点数うんぬんでなく、英語を使った実務能力の方が重視されるので注意しましょう。

間違っても「TOEICの点数だけ良くて、英会話や英作文が全然できないんだ」なんていう状態にならないようにしましょう。

その状態で海外勤務や外国人の顧客とやりとりする場合、間違いなく苦労することになります。

なので、海外部門や外資系で働きたいという人は、TOEICのスコアを伸ばすだけでなく、英会話や英作文などのアウトプット力も同時に磨くようにしましょう。

関連記事:知らなきゃ損!TOEIC L&Rを勉強・受験する意外なデメリット5つ

まとめ

本記事で紹介した、就活・転職・昇進にTOEICを利用したいという人がとるべきスコアは以下のようになります。

  • 履歴書にスコアを書きたいなら最低600点
  • 国内企業の就活・転職、出世を有利にしたいなら730点
  • 国内企業の海外部門、外資系で働きたいなら最低800点

これらのスコアを自分の目的に照らし合わせて、是非目標点数を設定し、そこにむけて頑張ってください!!

なお、「TOEICの勉強何からしたらいいか分からないんだけど…。」という人は下記の2記事をまず参考にしてみてください。

関連記事:

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です