英語のニュースが聞き取れない理由3つとその解決策

・英語のニュースを聞いても何が何やらさっぱり

・英語が右から左へ流れていってしまう

・断片的に単語は拾えるけど、ニュースの内容が理解できない

英語のニュースが聞き取れない理由は様々あると思うのですが、本記事ではその主な理由3つに焦点を当ててお話ししていきたいと思います。

英語のニュースが聞き取れない理由に加えて、どうやったらニュースの英語が聞き取れるようになるかまでしっかりとフォローしていきますので安心してください。

それでは早速内容に入っていきましょう!

英語のニュースが聞き取れない理由3つとその解決策

1. ニュース英語に関するボキャブラリーが不足している

スマートフォンの辞書アプリ

英語のニュースが聞き取れない理由として、まず疑うべきが英語ニュースで扱われているボキャブラリー(単語)の知識不足です。

ボキャブラリーが足りないから何を言っているか分からないということは、英語に限らず日本語でもあるはずです。

それが英語のニュース場合、知らない単語が慣れない音声スピードやリズムに乗ってくる訳ですから、それは聞き取るのが難しくなります。

なので、英語のニュースが聞き取れないという場合には、まず自分のボキャブラリー(単語数)がどの程度なのか一度確認してみましょう。

英語のニュースを聞いて確認するのは難しいと思うので、英語のニュースを読んで確認してみましょう。

実際やってみて、分からない単語ばかりだったという場合にはまず、語彙力の強化が必要になります。

2. ニュースの背景知識不足

ビジネス英字新聞を読む男性

英語のニュースが聞き取れない理由として、ニュースの背景知識不足も原因の一つとして考えられます。

どんなに語彙力が上がったとしても、そのニュースに関する背景知識がないと、そのニュースを聞いて内容を理解するまで至ることができません。

日本語のニュースでもそうですが、普段、経済や国際といったトピックに関して情報を追っていない人が、いきなりそれらのニュースを見ても内容が入ってこないということは普通にあるはずです。

特に英語ニュースだと、国際情勢やら政治の話やらを聞くことも増えると思うので、そういった情報の背景知識を頭の中に入れておくことが望ましくなります。

例えばですが、いきなりBBCのニュースを聞くよりも、NHKワールドなどの日本に関する話題が多い英語ニュースの方が圧倒的に聞き取りやすいはずです。

なので、「海外の英語ニュースに挑戦して挫折した。」という人はまず、NHKワールドなどの日本に関する情報量の多いニュースから挑戦するようにしましょう。

関連記事:NHK WORLDのニュース(ラジオ)がTOEICのリスニング対策にめっちゃオススメな訳を話したい

3. 英語ニュースの音声スピードに慣れていない

速さのイメージ

英語ニュースが聞き取れない理由として、英語ニュースの音声スピードに耳が慣れていないという可能性も考えられます。

英語ニュースの音声スピードは正直言って、高校までのリスニングテストやTOEICといった英語試験のスピードよりも速いことが多いです。

なので、英語ニュースのスピードが速いと感じる人は、まず毎日繰り返し聞いてそのスピードに慣れるように努力しましょう。

語彙力を強化した上で毎日NHKワールドなどのニュースを聞き続けていれば、間違いなく聞き取れるようになるはずですから、諦めずにがんばりましょう!

まとめ

英語のニュースが聞きとるためにすべきことをまとめると以下のようになります。

  • 英語ニュースに出てくるような語彙、ボキャブラリーを身に着ける
  • ニュースの背景知識を身につける
  • 英語ニュースの音声スピードに耳を慣らす

英語ニュースが聞き取れるようになれば、学校の英語の試験にも役立ちますし、TOEICや英検のテストにも役立ちます。

上記の対策をしっかりととって、英語ニュースが聞き取れるように頑張っていきましょう!

関連記事:

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です