英語ができないけど外資系に入った/入りたい人がすべき英語の対策

英語ができないけど、外資系に入社・転職が決まってしまった。

もしくは英語ができないけど、外資系に入社・転職したい。

今回、この記事ではそんなあなた向けに、すべき英語の準備と対策を紹介したいと思います。

ひとくちに外資系といっても、英語を使う頻度の高い会社もあれば低い会社もある。

また、部署や担当の仕事によっても英語を使用する頻度や内容が変わるというのはありうる話です。

とは言え、いずれのケースでも英語ができるに越したことはありませんから、本記事で紹介するような英語対策を行って、「英語なんてばっちこーい!!」という状態を目指していきましょう。

英語ができないけど外資系に入った/入りたい人がすべき英語の対策

1. 本気で自分の英語に自信がない人は中学英語から復習

英語の勉強をテキストでおこなう

最後に英語を勉強したのが学生時代、もしくは、リーディングもリスニングもおぼつかないという人は中学英語を一度おさらいしましょう。

中学英語は英語の土台をつくる上で重要なエッセンスがつまっていますから、そこが怪しいという場合、是非一度やりなおしましょう。

最近では、大人向けの中学英語やりなおし本が多く出版されているので、そういった本を利用するとよいでしょう。

例えば、「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。」といった本がオススメです。

こういった書籍を利用して、短期間にざっとでも一度英語の基礎部分を復習するようにしましょう。

2. 外資系に入った/入りたいなら英会話のトレーニングは必須

外資系に入った場合、英会話をするというのを避けて通るのはほぼ不可能と思った方がよいでしょう。

仮に、短期的に英会話をする機会を避けることができたとしても、出世をしていくことを考えると間違いなく最低限の英会話はできなければなりません。

そこで、準備しておきたいのが英会話のトレーニングです。

英会話も色々と取り組む方法があると思いますが、まずおすすめしたいのがオンライン英会話。

オンライン英会話であれば、通学の必要性もなく、料金も実店舗を構えた英会話学校より安価で取り組みやすいはずです。

オンライン英会話にも様々種類があるので、その選択に悩むかもしれませんが、おすすめをひとつ挙げると「ネイティブキャンプ」がレコメンドできます。

何故、オンライン英会話「ネイティブキャンプ」がおすすめなのかを簡単にまとめると以下のようになります。

  • オンライン英会話初心者も安心な、日本人講師を選ぶことができる
  • PCだけでなくスマホでレッスンを受けることもできる
  • 事前予約なしでレッスン受講が可能
  • 24時間365日レッスンが受けられる

こういったメリットがあるから「ネイティブキャンプ」はおすすめできるんです。

現時点ですでに仕事をしている場合でも、「ネイティブキャンプ」であれば毎日続けて英会話トレーニングができるという訳です。

ネイティブキャンプ」では現在7日間の無料体験をおこなうことができますから、是非その無料体験だけでもお気軽に試してみてください。


関連記事:オンライン英会話初心者にネイティブキャンプがおすすめな理由7つ【体験談込み】

3. ライティングのトレーニングをする

外資系の企業に入った場合には、英会話とあわせてビジネスライティング(英文作成)も避けては通れない課題でしょう。

英語の資料をつくることもあるでしょうし、英文メールを毎日送るということになるはずです。

ですが、英文作成をする機会というのは普通に日本で生活している限りほとんどないはずです。

なので、英語のビジネスライティングを身に付けたいと思ったら、実務で経験を積む他に、英文ライティングのトレーニングをする必要があります。

「でもどうやって英文ライティングのトレーニングをしたらよいの?」

ごもっともです。

ですが、ネット環境の整った現代、オンラインで英文ライティングのスキルアップトレーニングをしてくれるサービスも登場してきています。

例えば、下記のようなサービスを使えば英文ライティングのスキルをアップさせながら英会話力もアップさせることができます。

【Best Teacher】や【 HiNative Trek 】といったサービスを利用すれば、英語プロの英作文添削を受けてアドバイスをもらうことができるので、実践的な英語力を向上させることができます。

特に【 HiNative Trek 】ではビジネス特化の課題に取り組むことができるので、外資系に勤めるのであれば特にオススメすることができます。

また、いずれのサービスもオンライン上で完結してくれるので、通学の必要がなく、その課題を解いたりするのに時間と場所を選びません。

なので、すでに外資系に勤めていて仕事が忙しいという人にもおすすめができます。

4. すでに外資系で働いている、もしくは就職・転職決まって時間がないという人には


すでに外資系で働いていたり、外資系への就職・転職が決まっていて、すぐにでも英語スキルをアップさせたいという人は「ライザップイングリッシュ」のような短期集中型の英語学習スクールを利用しましょう。

短期集中型の英語学習スクール「ライザップイングリッシュ」には下記のようなメリットがあります。

  • 専門のトレーナーがあなた専用の課題・カリキュラムを作成、指導してくれる
  • レッスン以外にもオンラインで毎日進捗管理、学習のアドバイスをしてくれる
  • 英語ですぐに返答できるようになるための”高速レスポンス特化型トレーニング”が受けられる
  • 30日間の全額返金保障制度もある

このようなメリットがあるため、本気で英語に切羽詰まったという人には「ライザップイングリッシュ」がおすすめなんですね。

とはいえ、これだけでは内容のイメージも湧きづらいと思うので、是非一度「ライザップイングリッシュ」の公式サイトをチェックしてみてください!

まとめ

英語ができないけど外資系に入社した/入社したいという人がすべき「英語対策」は以下のようになります。

  • 英語を最後に勉強したのが学生時代という人は中学英語の復習から
  • 英会話トレーニングのためにオンライン英会話「ネイティブキャンプ」をはじめる
  • 英文メール・資料対策のために【 HiNative Trek 】をはじめる
  • 本気で今すぐにでも英語スキルを上げたいなら「ライザップイングリッシュ」に駆け込む

これらの「英語対策」をおこなって、是非英語に対する苦手意識を払拭してください!応援しています!

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です