SATO、オンライン英会話始めたってよ

ここ数年ブログは定期的に書いていたのだけれど(途中休止期間も多くある)、日記らしい日記というのは中々書いていなくて、この記事が久しぶりだったりする。

例えば、この英語のブログで言えば、オンライン英会話の紹介記事であったり、TOEICの攻略法だったりとか、読者向けの記事がその殆どを占めており、「自分のことをひたすら語る」みたいな人のためにならないことを意図した記事はほとんどない。

また、2019年の10月位から本格的にウェブライターとしても活動しているので文章自体は常々書いている。そうした記事ではしっかりと推敲をしたり、わかりやすい文章を心がけていて、今書いているこの文章みたいな不要な要素は極力省いている。

つまり、何が言いたいかと言うと、商業的な文章では完全にアウトな文章をこれから私はここで書いていくということだ。

SATO、オンライン英会話始めたってよ

正直言って収入が足りない…。

何の目論見も無しに前職を2018年3月にやめて、サイト運営やウェブライターをやってきているけど、流石にそろそろ収入が伸びなさすぎてやばいことになってきた。

前職時代の貯金を切り崩しながらの生活を現在送っているので、このまま収入が伸びていかないと貯金が底をつくのが今のところ目に見えている状況。

なので、万が一収入が今年度内に上がらなかった場合にはどこかの企業に再就職をしなければならない。

これは個人的に非常にゆゆしき事態、できれば避けたいところではあるが収入が足りないとなれば避けられない。

仮に避けられないとすれば、やはりその時は英語を使った仕事をしたい。

それが長年英語好きをやっている自分の素直な感想であった。

英語を使った再就職を検討する

私自身は田舎に住んでいるので、英語を使った求人なんてあるんかいなと調べたらこれが意外といくつかあって、そこにまず驚いた。

そして、その求人要項を見ると、「ビジネス英語が使えること」みたいに漠然と書いてあることが多かった。

ビジネス英語・・・

私も大学時代から10年近く英語学習を続けていたりする訳なのだが、いかんせん自信を持って英語が話せるとは言えない状況なのである。

特にスピーキング。これが長年無視し続けてきていて、全く取り組んでこなかった自分の課題。

つまり、ビジネス英会話ができないと英語を使った再就職は難しいのではないかという一つの結論に至った。(他にも色々抜け道はあると正直思う)

ビジネス英語のための英会話教室選び

ビジネス英会話を学ぶにあたって、最初からオンライン英会話を考えていた。なぜなら、通学型の英会話教室でビジネス英会話を本気で学ぼうと思ったら半年でも数十万、数百万のお金が必要になる。(独自調査)

さすがに貯金を切り崩している人間が百万円をポーンと出すわけにはいかないので、金銭面を考慮してオンライン英会話を使うことにした。

とは言え、オンライン英会話も今や何十社と会社があるので、ある程度基準を持って決めないといけない訳だ。

幸い、仕事柄オンライン英会話については人並み以上の知識があったので、候補を絞り込むのに時間はかからなかった。

ビズメイツネイティブキャンプ

この二つのオンライン英会話が私の選んだ候補であった。

そして、オンライン英会話ビズメイツに決めた

ネイティブキャンプも十分に魅力的な選択肢であった。

レッスン受け放題、予約不要でいつでもレッスン可能、月額約6,500円程。正直かなり揺らいだ。

しかし、今回私が英会話で最も身に付けたいのは「ビジネス英会話」

・・・

ビジネス英会話をオンライン英会話でするなら「ビズメイツ」これは私が以前から考えていた一つの結論だった。

値段はネイティブキャンプの1.5倍以上するし、レッスンは1日一回(値段を上げればレッスン数は増やせる)…。

それでも、えいやっ!!君に決めた!!

と私はビズメイツに入会したのであった。(何か大量に略してしまった気がするけど、そこは気にしない!)

なお、今後英会話の実践回数を増やすためにネイティブキャンプを始めることも検討してます。

久しぶりに日記を書いたはいいが、なかなか自分の気持ちを言葉にして落とし込むのも難しい…。

今日はここまで、To Be Continued.

NEXT ▶︎ オンライン英会話のレッスン時間25分で英会話力は伸びるのか?【ビズメイツ学習日誌】

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です