プロフィール

はじめまして、ブログ「英語・シフト」の管理人のSATOです。

お忙しい中わざわざこのブログを訪問して頂きありがとうございます。

このページでは管理人SATOがどんな人なのか、ということについて自己紹介したいと思います。

まず私の概略をサクッと書くと下記のような感じになります。

名前SATO
年齢30代
性別
住んでる場所冬は割と雪が降って
スタッドレス必須の地域
家族元気な妻と保育園児が2人
TOEICLRの自己ベスト870点
仕事在宅ワーク挑戦中
(前職は国内大手の産業機器メーカーで
設計開発業務を8年間)

SATO@twitter

ここからは私の略歴(英語学習歴を含む)についてお話していきたいと思います。

1. SATOの略歴(英語学習歴)

1-1. 大学時代編ーTOEIC715点取得まで

大学の建物イメージ

大学時代はかなり田舎の大学に通っており、理系ではありましたが1〜3年の間は割と退屈をしており時間を持て余していました。

そんな時、何の本を読んだかは忘れましたが、その本の中で「英語ができれば就活で有利になる」と書いてあって私はそれを真に受けて英語を勉強することにしたんですね。

関連記事:暇な大学生は英語を絶対勉強するべき。その5つの理由について話したい

そして、初めて受けたTOEICの点数は455点(L305点、R150)点という結果でした。

この点数ではまず就活に役立つことはないということで、そこから一所懸命TOEICの対策をすることにしました。

大学生で時間は有り余っていましたからその時間をTOEIC(英語)に割と全振りしました。

そうしたらなんと、約半年後にTOEIC700点という点数を取ることができました。

そして、その4ヶ月後にまた715点獲得と記録を更新することができました。

この頃やったリスニングの勉強方法やその教材については下記の記事にまとめていますので、TOEICリスニングの点数を上げたいという方は参考にしてみて下さい。

関連記事:TOEICリスニング対策:200点台から400点台にするまでにやったことまとめ【使用した教材等も紹介】

1-2. 大学時代編ー就活

TOEICで715点を取得した私はここで一度やる気が燃え尽きます。
とった点数に満足してしまったんですね。

715点もあれば就活で何とかなるだろうと考えたんです。

実際の話になりますが、私は理系だったので715点もあると結構どの企業もプラスポイントとして評価してもらうことができました。

そして就活すること数ヶ月、前職の職場に内定を貰うことができました。

この辺りのTOEICが就活に役立つということに関しては、下記の記事にまとめているのでもしあなたが高校生や大学生だったら読んでみて下さい。

関連記事:TOEIC何点で理系学生は就活が有利になるのか。実体験も含めてお話しする

1-3. 社会人時代(1〜6年目)

イギリスの時計塔

無事前職(国内大手産業機器メーカー)の内定を貰った私は、理系だけど英語がそこそこできるという評判で会社に入ったので、技術系でありながらも英語関連の仕事を時々頂いたりしていました。

そして、初年度は会社の制度を利用して海外(イギリス)への語学研修へも行きました。

その結果として、自分の英語力の拙さを痛感することになりました。

この時のイギリス語学研修については下記の記事等に感想をまとめていますのでもしお時間があったら読んでみて下さい。

関連記事:

そしてその後、かなりはしょりますが社会人になってからお付き合いをしていた妻と結婚し、子供も2人産まれました。

仕事は一年目の後半から残業量が個人的にきつくなっていき、夜22時過ぎの帰宅や土曜日出勤も当たり前のような空気となり段々としんどくなってきました。

しかしその間も英語の学習は細々と続けていた私。

TOEIC対策こそしていませんでしたが、瞬間英作文をやったり、NHKやBBCの英語ニュースをリスニングしたり、海外ドラマを英語字幕でみたりとそういう英語学習は欠かさないようにしていました。

そしてその結果として、非常に時間はかかりましたがTOEICで870点を取ることができました。

多忙な中、英語の勉強をする方法については下記の記事にまとめています。

関連記事:【本気で忙しい社会人向け】英語の勉強時間を捻出するための9つの方法

また、この頃私が実際にやっていた英語(リスニング対策)について下記の記事にまとめていますのでもし宜しければ参考にしてみて下さい。

関連記事:TOEICリスニング450点突破、満点をとるまでにやったことまとめ。使用した教材等も紹介。

1-4. 社会人時代(6年目以降、前職退職まで)

家族のイメージ写真

様々な考えや仕事や家庭の状況合間って、社会人の5年目の段階で私は前職を辞める決意をしました。

そして、退職することをその時の上司に話したところ、時短勤務を提案され、その申し出を受けることとしました。

これにより私の時短勤務(約2年間)が始まったのです。

時短勤務をすることにより保育園の迎えに行くこともできるようになったりと子供や妻と一緒にいられる時間が増えました。

ただここで問題と言いますか、何というか私の中で解決しなかった問題が一つ浮上します。

自分のやりたいことができる時間が少ないという問題です。

時短勤務をさせて頂くことで仕事の時間は減りましたが、結局個人的にやりたいと思うことができる時間が一日の中で増えることが殆どなかったんですね。

結局のところ、多忙な日々を送る状態が解消されなかったことやそれ以外にも様々思うところがあって結局2年間で前職(時短勤務含め)を退職することとしました。

この時の私の決心は硬かったので退職届けを出し、無事退職という運びになりました。

様々思うところのあった前職ですが、特に最後の2年間は良い先輩や同僚に恵まれました。

多忙ながらも時短勤務に気を遣って頂いたり、親切にして頂いたりと本当に良い人達に出会うことができました。

という感じで終わりよければ全てよしじゃないですが、私は最終的に円満退社という形で8年間勤めた会社を退職しました。

2. そして現在〜、このブログでお伝えしたいこと

始まりを彷彿させる海の日の出

国内大手産業機器メーカーを退社、そして現在は在宅ワークに挑戦しています。その一環としてこのブログも書いたりしています。

このブログでは前述したような私の経歴の中で学んできた英語について、知識や経験を少しでも読んでくれてるあなたや他の方にシェアできればなという気持ちで書いています。

なのでこのブログでは、英語の学習方法やTOEICの点数の上げ方、語学留学についてや、英語を楽しむ方法など英語に関する様々な話題を書いてあなたに届けたいと考えています。

因みにですが、私は現在も英語学習中(TOEICも900点超え目指し中)なので英語学習されている方は一緒に頑張りましょう。

こんな私ですが、ぜひお付き合い頂ければなと思います。

SATO@twitter

英語学習は楽しくもあり、実生活でも役立ちます。一緒に頑張っていきましょう!!

また、このブログは英語学習者向けブログですが、共働きや子育てをメインテーマに「SATOの日記」というブログも書いています。

あわせてご一読いただけると幸いです。

コメントを閉じる